通いたいと思った時がベストタイミング

入塾の適切な時期

笑う学生
小学生は早めの行動が重要 個別指導塾に通う生徒の割合は全体で30%弱、学年が上がると6年生は60%ととても高い数字をたたき出しています。最も、増加する低学年は授業についていけずテストの点数が下がりっぱなしという理由から通い始めるようです。なるべく早めに入塾すると遅れを取り戻すことができます。
中学1年生から入塾しましょう 中学生に入ると、二年先の高校受験のため早々に入塾を希望します。一年生は全体で60%の生徒が個別指導塾へ通い、2年生になると70%に跳ね上がります。3年生は受験対策のため80%の生徒が個別指導へお世話になっています。
志望大学に合った授業 高校生になると中学時代よりも習う科目の数が増えるので、必然的に個別指導塾に通う羽目になります。また、一つひとつの授業難易度が一気に上がるため、周りについていけなくなる生徒がだんだん増えていきます。大学入試に向けてのカリキュラムでは、大学や学部によって内容に違いがあり、独自の問題を提供する個別指導塾もあります。出題形式を記述式、マーク式と揃えており大学入試の特徴を捉えながら進めていきます。
足りないと感じた時 難易度の高い学校を目指すため、通信講座や予備校を掛け持ちする生徒もいますがそれだけでは足りないとなった時、大阪の個別指導塾を活用するようです。掛け持ちで大変ですが、足りない分を補うといった具合の使い方なので合格するまでの辛抱でしょう。

入塾に関する疑問

テストは必ず受けるべきですか

いいえ。個別指導塾によって様々です。個人のレベルに沿ったカリキュラムを重視する場合は入塾前にテストが行われますが、中にはテストを必要としない塾も存在します。

講師を変えることはできますが

はい、可能です。生徒と講師の相性は勉学をする上で重要だと塾側もわかっています。講師の指導方法が合わない、分かりにくいといった欠点が見えたら早急に変えてもらいましょう。

風邪で休んだ場合授業はどうなりますか

学校の授業だと、生徒一人のために改めて授業をすることはありませんが、個別指導塾や集団授業は必ず振替授業を設けるようにしています。当日欠席に対応する個別指導塾もありますよ。

予習のために塾に通っても平気ですか

大阪の個別指導塾では、予習と復習どちらも対応しているので問題ありません。また、苦手な科目に関しては、前学年から引っ張り出して再度復習ができます。従業の遅れを取り戻したい時に便利ですよ。

一つの科目だけにしたいのですが

個別指導塾によって違いますが、一科目から入塾ができます。苦手克服ができるチャンスなので、どんどん使ってください。後で他の科目にも力を入れたいとなった時はその都度塾側が調整をします。